スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

チュニジア出身のミツバチと、自然交配した子孫のフランスにおけるヘギイタダニ耐性(1993−2004)

問題意識

チュニジアのミツバチのヘギイタダニ耐性は、遺伝的なものか、環境的なものか

参照論文

チュニジア出身のミツバチと、自然交配した子孫のフランスにおけるヘギイタダニ耐性(1993−2004)
Varroa Tolerance in France of Intermissa Bees From Tunisia And Their Naturally Mated Descendants: 1993-2004
https://www.researchgate.net/profile/John_Kefuss/publication/288620065_Varroa_tolerance_in_France_of_Intermissa_bees_from_Tunisia_and_their_naturally_mated_descendants_1993-2004/links/57cfbc7808ae83b374623eba/Varroa-tolerance-in-France-of-Intermissa-bees-from-Tunisia-and-their-naturally-mated-descendants-1993-2004.pdf

ポイント

The majority of  these hybrids were tolerant to Varroa destructor indicating a genetic control of the tolerance.
これらの雑種の大多数には、遺伝的防除を示唆するヘギイタダニ耐性があった。

By October 1998 one Carniolan interracial hybrid and 6 intermissa interracial hybrids survived. In 2004 only the Carniolan and 2 intermissa interracial hybrids survive.
1998年10月までに、カーニオランの異種間雑種が1群、チュニジアの異種間雑種が6群生き残った。2004年には、カーニオランが1群のみ、チュニジアが2群生き残った。

After 1996 all the remaining colonies probably became genetically sim…

最新の投稿

働き蜂の女王様分泌物の生産に影響を及ぼす女王蜂フェロモン

ミツバチの巣に貯蔵された花粉:多くの証拠は栄養転換ではなく花粉保存と一致する

ヒマワリは多様な作物を栽培している地域のミツバチの群れの成長に影響を与えるか?

砂糖シロップを蜂に吹き付ける消極的な影響の少ないヘギイタダニ防除

ポーランドの養蜂家のプロポリス・アレルギー

高グルーミング系統蜂と低グルーミング系統蜂の寄生ダニ・ヘギイタダニを取り除く能力は、環境条件に影響される

アフリカナイズドミツバチとカーニオランのヘギイタダニに対するグルーミングの有効性に関するバイオアッセイ

迷い蜂

個々のミツバチと蜂群の冬季の生存はヘギイタダニの寄生レベルに左右される

花粉や花粉代替物に見られる一部の炭水化物はミツバチにとって有毒

花粉代用物

トウヨウミツバチとセイヨウミツバチにおけるグルーミング行動と傷つけられたダニ(ヘギイタダニ)

アカリンダニが存在する時のセイヨウミツバチのグルーミング行動

高齢時の学習:冬蜂に関する研究

ミツバチは壁に着地する時に残った飛行エネルギーを消散させるために腹部を振る