スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

カメムシに対するホップ、オレガノ、レモンバーム、クローブの殺卵性効果の評価

問題意識

レモンバームやオレガノの殺卵効果はどのようなものか

参照論文

カメムシに対するホップ、オレガノ、レモンバーム、クローブの殺卵性効果の評価
Evaluation of Ovicidal Effect of Extracts from Hop, Oregano, Lemon Balm and Clove on the Sunn Pest, Eurygaster maura L. (Hemiptera: Scutelleridae)
http://sjafs.selcuk.edu.tr/sjafs/article/view/1086

ポイント
Lemon Balm extract didn't show significant ovicidal effect. On the other hand, Oregano and clove extracts moderately showed ovicidal effect. Hop extract revealed the best result in inhibiting egg hatchability (57.49%) at 10% concentration.レモンバームエキスにはそれほど殺卵効果は見られなかった。他方、オレガノとクローブのエキスは、緩やかな殺卵効果が見られた。ホップエキスは10%の濃度で卵の孵化を抑制(57.49%)する最善の結果が得られた。コメント

レモンバームはそれほど効かない。

その他の情報

最新の投稿

蜂虱はミツバチのウイルスの媒介者か?

ウガンダにおけるミツバチのコロニーのブラウラ・コエカの最初の発見

世界、特に北アメリカにおける世界最大のススメバチであるオオスズメバチの地理的潜在性

オオスズメバチは来たのか?アメリカ合衆国におけるオオスズメバチの潜在的拡大と衝撃

プロポリスエキスの化学成分の調査プロポリスエキスの化学成分の調査

ミツバチのいくつかの生理学的特性に対する薬用植物、香油植物の抽出部の効果

アメリカ腐蛆病の病原に対するいくつかの精油の抗菌作用

中央アルジェリアにおけるミツバチのヘギイタダニに対する4つの精油の殺ダニ活性に関する比較研究

ミツバチのコロニーで精油とギ酸でヘギイタダニを管理する

アルジェリアにおけるヘギイタダニに対する燻蒸剤としての4つの薬用植物の効果の評価

ヘギイタダニ防除のためのいくつかの植物精油の実験室評価

ミツバチのヘギイタダニに対する夏の適用後の女王蜂の生存と蓄えられたにおける砂糖シュウ酸の残留

トゲダニの生態、生活史および管理

シュウ酸で治療されたミツバチのコロニーと無治療のコロニーの蜂蜜のシュウ酸含有物の調査

巣箱とミツバチに関する実用的な論文